バリアフリー

 使いやすさを重視したデザイン設計

バリアフリーについて

介護保険制度とは?

介護保険制度とは?

みんなが支えあう制度です。
介護保険制度は、皆さんの住む市区町村が保険者となって運営します。
40歳以上の方全員被保険者(加入者)となって保険料を負担し、介護が必要と認定されたときには、費用の一部を(原則として1割)を支払って介護サービスを利用する仕組みとなっております。自立支援の一環として、様々なサービスを組み合わせ、居住の場の確保と自由な移動とコミュニケーションができるように、上手に利用していきたいですね。

その中でも介護が必要な方が生活しやすいように、小規模な住宅改修について費用を支給する制度があります。ここではその介護に伴う住宅改修費の支給についてご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 一生涯で20万円まで

nc_gpf04Photo0320080904112705

住宅改修費は、被保険者がいったん費用の全額を支払い、領収証を添えて町に支給申請をした後、かかった費用の9割の払い戻しを受けます。(償還払い)
要介護状態区分にかかわらず20万円上限に、その改修費の9割を支給します。期間は、原則として一生涯です。
※20万円を超えて住宅改修をした場合には、
20万円を越えた部分は全額自己負担です。

例外として、
・転居した場合
・要介護状態区分が3段階以上上がった場合(1回のみの適用)
【再度20万円まで利用することができます。】

どんなサービスが受けられるの?

手すりの取付け 【1.手すりの取付け】 床段差の解消 【2.床段差の解消】
 手すりの取付け  【3.滑りの防止及び移動の円滑化等のための床材の変更】  引き戸等への扉の取替え  【4.引き戸等への扉の取替え】
 洋式便器等への便器の取替え  【5.洋式便器等への便器の取替え】  滑りの防止及び移動の円滑化等のための床材の変更  【6.その他1から5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修】

 

その他上記に掲げる住宅改修に付帯して必要となる住宅改修としては、それぞれ
以下のものが考えられます。
(1.手すりの取付け)手すりの取付けのための壁の下地補強
(2.床段差の解消)浴室の床の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
(3.床材の変更)床材の変更のための下地の補修や根太の補強
(4.扉の取替え)扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事
(5.便器の取替え)便器の取替えに伴う給排水設備工事
〈水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く〉、便器の取替えに伴う床材の変更

などがあります。
詳しくはお気軽にご相談ください。

また、下記のサイトでは、介護保険制度、設備について詳しく紹介されているので、
どうぞご参考下さい。
TOTO バリアフリー商品についてはコチラ

Copyright© 2013 nishikawakougei.com All Rights Reserved.

〒529-1331 滋賀県愛知郡愛荘町愛知川1034-33
電話:0749-42-3807 FAX:0749-29-0665