家族のQ&A

Q.1 満足いくリフォームをするポイントは?
Q.2 住みながらでも工事できますか?
Q.3 リフォームの工事は何日くらいかかるの?
Q.4 近隣に対する騒音や解体音が気になるのですが?
Q.5 工事中のほこりやゴミはどうなるのですか?
Q.6 古い木造住宅、建て替えとリフォームではどちらがいい?
Q.7 住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?
Q.8 キッチンのタイプにはどんな種類がありますか?
Q.9 今までのキッチンの場所を移動してリフォームできますか?
Q.10 キッチンが狭い。オープンで開放感のあるものにしたいのですが?
Q.11 キッチンとリビングを一体感のあるものにしたいのですが?
Q.12 床は、カーペットより、フローリングのほうがいいでしょうか?
Q.13 デッドスペースを利用して収納を増やしたいのですが?
Q.14 和式トイレを洋式トイレにしたいのですが。
Q.15 高齢者に配慮したトイレにするには?
Q.16 高齢者に配慮して安全性を高めるポイントは?
Q.17 手すりを取付けるには壁の補強が必要ですか?

Q.1 満足いくリフォームをするポイントは?

A.1 現在の家の不満をノートに書いて下さい。漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。また、リフォーム雑誌や本・インターネットなどで情報を収集して、イメージを伝えやすい写真があれば切りとったり、プリントアウトするなどして打合せに活用してください。キッチン、お風呂、トイレなどの改装工事は、お近くのショールームに行って実際の使い勝手や、寸法をチェックするのも失敗しない為のポイントです。

Q.2 住みながらでも工事できますか?

A.2 大丈夫です。大がかりなリフォームの場合でも、1、2階に分けて工事したりできます。
水廻りの工事は、場合によりフロ、キッチン、トイレの仮設も設置をいたします。

Q.3 リフォームの工事は何日くらいかかるの?

A.3 工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況によって違ってくる為、やはり一概には言えません。あえて目安をあげるとすると、内装工事(クロスの張替え、収納棚の設置など)では一週間、システムキッチンの交換は4~5日、骨組だけを残しての全面改修は1ヶ月~2ヶ月位の工期がかかります。工程が複雑で職種が多いと長くかかります。

Q.4 近隣に対する騒音や解体音が気になるのですが?

A.4 ご近隣への配慮はもちろんしなければなりません。
当社でもご近隣のご挨拶をさせていただきますが、ご本人様も行かれる事もお勧め致します。
解体の際の音ですが、養生をしても音はどうしても発生してしまいます。
ご近隣の協力は必要となりますのでご理解下さい。

Q.5 工事中のほこりやゴミはどうなるのですか?

A.5 基本的にはほこりのかかるところには養生をします。
しかしほこりはどんなに気をつけていても放散しますので施工場所の近くには汚れてはいけないものを置かないようにして下さい。
ゴミや廃材は1~2日に1回当社のほうで引き取りに行きます。
大切な家具や細かなインテリアははずしておいたよいでしょうね。

Q.6 古い木造住宅、建て替えとリフォームではどちらがいい?

A.6 全面改修で新築より高額になる場合や、かなり老朽化が進み、地盤や土台、柱に問題がある場合などは、建て替えをおすすめします。
また、建物が敷地ぎりぎりに建っている場合など、建てられた当時の法律と現在の法律が異なっている場合、規制を受けて今より小さい家屋になてしまう時は、リフォームをおすすめします。

Q.7 住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?

A.7 家屋の構造によってはできないリフォームがあります。
以下、代表的な構造でお答えします。

*在来工法(最も多い一般的な木造住宅)
木造住宅の中では、かなり自由にプランできます。

*2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)
壁で建物を支える構造の為、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの
増改築には制限があります。

*プレハブ工法(メーカー系住宅など)
メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、
開口部を設けたり壁を取り除いたりには制限があります。

*鉄骨造
在来工法でいう筋かいと同じようなブレースが壁面に入っている為、壁を取り除いたりには制限があります。

*鉄筋コンクリート住宅
柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です

Q.8 キッチンのタイプにはどんな種類がありますか?

A.8 キッチンのタイプ

≪オープンタイプ≫
キッチン、ダイニング、リビング全てが見渡せるタイプで、広がりが出る為、インテリア性が高いキッチンといえます。ただし、どこからでも誰からでも見られるキッチンとなるので、収納や片付けに注意が必要です。

≪オープン対面タイプ≫
現在最も人気のあるスタイル。対面式のキッチンでダイニング側には壁や吊り戸棚がなくオープンで開放的。配膳や後片付けがスムーズに行えますが、キッチンが丸見えになるので気をつける必要があります。
私の家はこのオープン対面タイプにしました。

≪セミオープンタイプ≫
カウンターなどで区切られておりダイニングからはキッチンはあまり見えにくくなります。その分収納スペースが充実します。

≪クローズドタイプ≫
キッチンだけが個室として独立しているタイプです。中が見えないので調理に専念できますが、他の部屋の様子はわかりにくい面もあります。

一番分かりやすいのは、ショウルームにGOですね。

Q.9 今までのキッチンの場所を移動してリフォームできますか?

A.9 はい、出来ます。キッチンの移動では、排気や排水の検討が必要になります。
その事さえクリアできれば可能です。

Q.10 キッチンが狭い。オープンで開放感のあるものにしたいのですが?

A.10 狭いキッチンは増築し、出窓を設けたり高窓を設けたります。
明るい日差しが差し込むさわやかですがすがしい雰囲気のキッチンになります。

Q.11 キッチンとリビングを一体感のあるものにしたいのですが?

A.11 キッチンとリビングにある間仕切りを取り外して、オープン対面タイプのキッチンにリフォーム。
また、キッチンとリビングの質感を合わせ、つながりをもたせた居室にすると一体感のある部屋に生まれ変わります。

Q.12 床は、カーペットより、フローリングのほうがいいでしょうか?

A.12 最近では、フローリングに貼りかえるケースが多くなっています。ダニやホコリの心配、清掃のしやすさなどでは木質フローリングのほうが優れているといえます。

Q.13 デッドスペースを利用して収納を増やしたいのですが?

A.13 小屋裏空間や階段の下などが考えられます。1階だけでなく2階に設置可能な床下収納も種類が豊富に出ています。

Q.14 和式トイレを洋式トイレにしたいのですが。

A.14 現状の床や便器を全て撤去してつくり直します。洋式便器を取り付はます。
最近では、狭い和式トイレの洋式へのリフォームに適応する便器も出ています。

Q.15 高齢者に配慮したトイレにするには?

A.15 まず、和式トイレの場合は洋式トイレへの改修をおすすめします。
壁には立ち座りを補助する手すりを取付し、入口は引き戸で、敷居の高さもつまづかないように段差を無くし、便座は自動的にフタが開き、立ちあがると自動洗浄する機能など便利な商品を選択します。
他にも便座が昇降するタイプのものもあります。また、トイレの床が廊下より下がっている場合はかさ上げして段差を無くします。介護保険の適用をお勧めします。

Q.16 高齢者に配慮して安全性を高めるポイントは?

A.16

1.トイレの扉は引き戸か外開きにする。
2.ドアのノブは扱いやすいレバー式ハンドルにする。
3.階段は、可能なら広く緩やかで踊り場付きの曲り階段がよい。
4.わずかな段差がつまずきやすい。段差を無くして平らに。
5.浴槽の形は和洋折衷型のもので、半埋め込み式がよい。
6.階段の照明は、踏み面を集中的に照らす足元灯を併用する。
7.玄関や廊下、浴室、トイレ、階段に手すりをつける。
8.車イスで廊下や出入り口を通るには、1m以上の幅が必要。
9.床材選びは慎重に。滑りにくい材料がよい。
以上のようなポイントがあります。
介護保険の適用お勧めします。

Q.17 手すりを取付けるには壁の補強が必要ですか?

A.17 手すりにかかる荷重は、その人の体重の約3倍と言われています。壁に強度が無い場合は補強が必要となります。

 

Copyright© 2013 nishikawakougei.com All Rights Reserved.

〒529-1331 滋賀県愛知郡愛荘町愛知川1034-33
電話:0749-42-3807 FAX:0749-29-0665